HOW to CARE


革製品を気持ちよく長くお使いいただくために、覚えておいてほしいお手入れや保管の方法をご紹介します。
 

■革製品の基本的なお手入れについて

革はご存知のように動物の皮革です、人間と同じく乾燥しすぎるとカサカサになってしまいます。
革の状態を確認したうえで、脂分を補給する為にオイルケアを行ってください。
ただし、たくさん脂分を補給すればいいというものでもありません。使用頻度、素材にもよりますが“新品のときより表面がかさついてきたらお手入れする”と
覚えて頂くと大丈夫です、手のひらでクリームをのばし優しく塗る程度が良いと思います。
オイルの入れすぎは逆効果となります、クリームの種類や、革の加工によってはシミになる恐れがありますので、本体にご使用になる前に
目立たない箇所で使用後にご使用ください。

 

■革の汚れについて

表面についた汚れは、ブラッシングや乾拭きで落としてください、また、それでも落ちない汚れの場合は、皮革用クリーナーを、オイルやクリーム同様、
本体にご使用になる前に目立たない箇所で試用後にご使用ください。
長年使った持ち手など、革の繊維の中まで染込んだ汚れは落ちません。無理に落とそうとすると、変色したり表面が傷ついたりします。
ひどい汚れなどの場合は、バッグのクリーニング店へご相談されるのをオススメしております。

 

■バッグの長期の保管方法について

1,ホコリの除去
ブラッシングと柔らかいタオルで乾拭きし、表面に付着したホコリを除去して下さい。
2,除湿
影干しをし、バッグ本体にある湿気を除いてください。革製品の場合は、その後、クリーナーなどで少々油分補給をするとよりよい状態となります。
次に,保管場所の湿気です。湿度の高い押入れなど日常密閉された場所での保管は、除湿剤などをいれ、湿度の低い環境を作ります。
最後に、型崩れの防止を含め、新聞紙などをバッグのデザインに合わせ詰めてください。
3,保管方法
バッグを横に寝かせ、箱に入れ保管するか、立たせた状態で保管してください。また、ホコリが付かないように必ず保存袋に入れて保管してください。
この時ビニール袋など通気性のないものはお控えください。